はあとねっと輪っふるとは


埼玉トヨペット(株)が2002年にスタートさせた社会貢献事業で、さいたま市中央区、埼京線の北与野駅前にある同社の本社1階ショールームに拠点を置いています。


すべての人が、分け隔てのない社会で共に働き、共に学び、共に暮らすというノーマライゼーションの実現を目指して、子育て支援や農業体験、アートギャラリーの開催、福祉団の会議やイベント会場の提供、就労機会の提供など、幅広い活動に取り組んでいます。また、自動車販売会社として、トヨタ自動車の福祉車両(ウェルキャブ)のモニター募集を年に3回実施してます。


試行錯誤ながら手を抜かず続けてきたことは、参加者はもちろん、2006年には埼玉県の「第3回彩の国人にやさしいまちづくり賞活動部門」優秀賞、日本福祉のまちづくり学会「まちづくり・ひとの輪づくりコンテンスト」優秀賞、2007年には内閣府より「バリアフリー化推進功労者表彰」を受賞するなど、公的にも高い評価を受けています。


連絡先:埼玉トヨペット株式会社CSR・環境部社会貢献課輪っふるグループ 
〒338-8508 さいたま史中央区上落合2-2-1 ℡048-859-4130



「はあとねっと輪っふる」 自己紹介
http://www.h7.dion.ne.jp/~waffle/page002.html

埼玉県のホームページ「ユニバーサルデザイン事例集」
http://www.pref.saitama.lg.jp/A12/BE00/universal/examples/within/within03.htm

同参加団体のNPO法人「彩の子ネットワーク」の「ベビコミ&ベビコミ・キッズ」
http://www.sainoko.net/babycom/babico0504.htm

自動車販売関連ビジネスに携わっている方はこちら「空間通信」の紹介記事
http://www.fantastics.co.jp/saitama-pet_1.htm

輪っふるギャラリーでは、障害を持つ方々のアート作品を中心に、さまざまな展覧会を開催しています。

第98回 ALS患者 長尾義明氏の作品を展示



第99回 みぬま福祉会 大宮 太陽の家の皆さまの作品を展示



農業体験は、季節を通してはあとねっと輪っふるの年中行事。田植えから稲刈りまでみんなで行います。

2014年5月24日の田植え体験のシーン。木陰でお昼ご飯を食べました。みんなで食べるともっとおいしい!



2013年9月、ファームインさぎ山で毎年恒例の稲刈り。汗ばむ陽気の中、みんなでがんばりました。

今年も豊作!子ども達も一生懸命稲を刈り、束ねたり運んだりと大活躍してくれました。



年10回発行しているミニコミ誌「かわら版」の発送作業の様子です。

モーターフェスタで福祉車両の説明をしました。

inserted by FC2 system